スポット案件と医師転職サイト

医師の転職、仕事に関する様々な情報についてご紹介しています。

医師も一般の仕事と同じように転職をします。医師が転職をする際の理由としては、人間関係、労働環境、給与、独立といった様々な理由があります。そして医師が転職をする際には基本的には医師の知人等を通じたコネクションによる転職が多いです。医師とは非常に大きなスキル・知識・責任を背負っており、個人で簡単に転職できるようなものではありません。あまり波風を立てた去り方をしてしまうと、医師の世界は非常に狭いので、今後いられなくなる可能性も高いです。なるべく温和に転職をしたいところですが、医師は転職をしようと思うとそのリサーチから交渉、現場の引き継ぎなどを含めて早くとも半年はかかると言われています。そしてその転職先が本当に自分に合っているかもわかりませんので、転職はリスクが高いと言えます。

医師は転職をしなくても給与を上げることができます。スポット案件と呼ばれる、いわゆる医師のとってのアルバイトをこなすことによって年間数百万円以上は給与をあげることができるのです。しかも他の現場での仕事になりますのでリフレッシュにもなりますし、他の現場を知るいい機会にもなります。そのスポット案件を通して転職活動をするのも方法の1つですし、スポット案件でコネクションを築くことも可能です。
このスポット案件は基本的に医療機関に求人として出されたり、医師に個人的に話が入ってきたりします。スポット案件ができずに困るという医師はそんなにいないと思いますが、スポット案件は緊急案件に近いものですので、条件や待遇はあまりよくないものと認識しておくと良いでしょう。自分の希望するスポット案件を選ぶということ自体あまりできませんので、お金のために割り切ってやるというのがスポット案件に対する医師の共通認識でしょう。
最近ではこのスポット案件を一括でまとめている医師転職サイトが注目を集めています。ここには全国から様々なスポット案件を募って掲載しており、医師はこのサイトに登録することによって自分の希望する条件にあったスポット案件を選んで運ぶことができます。インターネットが普及されたことによって医師はスポット案件を選べる時代になっており、昔のようなコネクションのみで働いていくような人間関係重視の医療現場からは変わってきています。

スポット案件は他の医局での勤務の他にもイベント等の救護業務もあります。また海外に転職したい際等は医師転職サイトのコンサルタントを通じて色々求人案件をもらうことができます。まだまだ可能性が広がっていく医師転職サイト、これからも目が離せません。

a0006_000859

スポット案件などをこなしながら非常勤で働いているような医師は、わりと時間に融通がきくため、趣味の声優の勉強をすることも可能でしょう。声優専門学校は、本コースは平日日中の授業になりますが、週1回のコースや夜間だったり、普段仕事をされている人でも声優の勉強がきっちりできるコースが用意されています。
独学で声優の勉強をしようと思っても家ではなかなか思い切って発声練習などができませんよね。カラオケボックスなどで練習するしかありませんが、声優専門学校なら専用の教室もあり、思いっきり練習することができます。

202e74fc8f6e2e5f97b967c8bf015c69_s
医療の世界と遠からぬ世界にあり、女性の絶大なる人気があるエステ。
医療と美容、そしてエステは関係性が全くない訳ではありません。特に女性医師ならば普段の忙しい業務の中でストレスが溜まっていたり、そのストレス発散のために不摂生にしていたり、癒しや美容効果を求めてエステに来られる方も多いことでしょう。

「エステ」と一言に言っても色んな種類がありますが、最近注目度が高まっているのがインド式エステですね。東洋のマッサージやエステ文化は確かな女性人気と評価がありますが、エステの中でも特にインド式エステはデトックス効果や癒しによって、最近は利用者の数が増してきています。

⚪︎インド式エステとは
インド式エステ施術の目的としては、アーマ(毒素)を体外に出して若返りさせることにあり、老廃物をデトックスして健康を維持することにあります。
インド式エステは別名「アーユルヴェーダ」と呼ばれており、インド古来の若返り方法とされています。インド式エステは基本的にオイルエステになり、体内に溜まった老廃物や脂肪を揉みほぐして分解し、身体の汚れや余分な脂肪を溶かしていき、むくみを取り除いてすっきりとした身体へと引き締めていきます。最近ではよくテレビ番組でも取り上げられていますが、排泄をスムーズに行い、毒素を出して、リンパ駅の流れをよくすることで、冷え性や太りやすい体質、便秘・肩こりなどの改善に効果を発揮します。この施術には同時に痛みも伴いますが、それだけ老廃物が分解されていたり、滞ったリンパの流れをよくしている証拠ですので、初めて施術される方はこの覚悟が必要になってくるかと思います。
しかしその効果は即効性があり、鏡で見ても痩身効果は一目瞭然で、実際にサイズを測ってみてもむくみが取れていることが数字で分かります。

マッサージする店によっては質問票を使って独自のコンピューター診断でエステのプログラムを組んで、体質判断をした上で最も効果的と思われるマッサージオイルを選んで使用するところもあります。施術前にはカウンセリングと身体の計測を行い、各個人による体型・体重・体質・脂肪の付き方を判断して、より重点的にやる箇所等を決めていきます。

⚪︎インド式エステのポイント
前述したように老廃物、セルライトを排出し、コリを解して、基礎代謝を上げていきます。発汗性もよくなり、健康的な身体作りとしても有効ですし、何より美しいボディラインを形成するので一般的なエステよりもスピーディーな効果を望むことができます。
よくリバウンドしてしまうような人や年々体重が増加している人、そして肌がボコボコだったり、お腹がたるんでいるような人はインド式エステでその日の改善されますので、まずはお試しで施術してみるのもおすすめです。

オリエンタルスタイルで美しい身体づくり

4a9e2f804d71711afc80863a4cbcdeb7_s

⚪︎インド式マッサージを紹介
インド式マッサージは背中の贅肉をマッサージしてしぼり落とし、トリートメントをして、背中から次第にリンパの流れに沿って各部へと移動していきます。グイグイと揉みほぐされる内に、脂肪が削り採られるような感覚になっていきますが、腰周りについていた贅肉を落とすことになるので、施術後はすっきりした感じになるのが特徴です。

インド式エステではサウナ室でのマッサージもあり、サウナの中で発汗させる専用のジェルを塗りつけて、マッサージで脂肪の燃焼を促していきます。発汗をすると毛穴が拡張されますので、浸透性がよくなり、オイルマッサージによる老廃物排出により効果があります。
そしてヒーティングマットに包まれて全身を温め、専用のマッサージオイルを塗って新陳代謝を促します。

そしてインド式エステの脚マッサージは脂肪胞と呼ばれるセルライト組織を崩していくことで細い脚を実現し、日々のむくみによって血行不良になった脚を改善していきます。トリートメントを施すことで、リンパや体液の流れが正常になり、むくみが引いていきます。メジャーでサイズを測ってみても数値で痩せていることが実感できるので、間違いなく効果があったと認識することができます。

インド式エステの腹部トリートメントにおいては、腸内の腹部を溜まった老廃物を体外に押し出すようにしてトリートメントしていきます。そうすることでガスや便で詰まった腸内をデトックスし、腹部内を直接触れているような感覚から強いトリートメントとして好評です。施術はかなり強力で、痛みも伴いますが、その効果として腹部から音が聞こえることがあり、健康的になったという実感が最も持てるエステになります。

⚪︎エステ業界のトレンド
エステによく行かれる方は聞き覚えがあるかと思いますが、「リンパマッサージ」と「インド式マッサージ」という言葉はエステ界においてもトレンドワードになっています。
インド式マッサージはオイルを使って全身を力強くもみほぐし、シェイプアップを図ると共に、しつこいセルライトや脂肪、全身にたまった毒素を排出していきます。センチサイズダウンになったり、目で見てわかるバストアップも期待することができます。

リンパマッサージは自宅で気軽に行うことができますが、インド式マッサージはお店に行かないとできません。インド式マッサージは力強いマッサージが特徴なので、自分で施術することは困難です。また最近はインド式マッサージやエステと看板を出してやっている店も増えてきましたが、内容が拙かったり、名ばかりの施術のお店も中にはあるので、インド式エステを本格的にやろうと思ったら、きちんとインターネットで調べたり、案内雑誌を見て相対的評価の中から選びましょう。

オリエンタルスタイルで東洋式エステを試そう

800ce1ddd375c4f0e973ba5bb6ffded1_s
⚪︎マッサージの特徴を分析
インド式エステと日本式の違いとは何か?
日本におけるハンド痩身マッサージとは、いわゆる揉み出しで、冷え固まってしまった脂肪を揉みほぐす部分マッサージになります。その後、全身をマッサージして身体に溜まった毒素を出すことで痩せさせる「アーユルヴェーダ」という考え方が入ってきました。当時はその言葉自体が日本に馴染みがなかったので、わかりやすく「インドエステ」というネーミングがつけられ、今に至るわけですが、それが広まる過程においてお店によって様々な独自性がプラスされたことがあり、その中でどのマッサージもリンパの流れを促すマッサージとして「リンパマッサージ」という呼称が付けられました。「アーユルヴェーダ」という言葉はあくまで考え方であり、具体的な技法はおでこにオイルを垂らす「シロダーラ」や、眼球エステの「ネトラバスティ」、そして全身オイルマッサージをしていく「アピヤンガ」といったものがあります。
アーユルヴェーダと似たようなものの中に、腸に特化した腸セラピーがあります。これは短時間で効果を感じることができ、お通じをよくしたい人には非常におすすめのセラピーになります。また同じく手を使った「骨格矯正」というものがありますが、骨格を整えることで瞬時に身体のサイズ感を変えることができ、垂れ下がった内臓を引き上げて、血流やリンパの流れをよくすることで脂肪が溜まりにくい体質へと変えていきます。
このように日本におけるハンド痩身マッサージは全ては老廃物を流すことが目的になっているのです。

マッサージは全てが手による施術ではありません。種類が多くてよくわかりにくいですが、人にはできない複雑な動きや電子等の力を利用するマシーン痩身マッサージも近年注目されています。
痩身マッサージは物理的なものと、電流、電波、超音波の4種類に分かれます。物理的なものはエンダモロジーで、ローリングと吸引を組み合わせてセルライトを揉みほぐす技術になります。電流はEMSが代表で、電気的な刺激を与えることによって筋肉を動かして脂肪燃焼を促進し、カロリー消費と基礎代謝向上を望むことができます。電流の内、主流なものはラジオ波になり、特殊な高周波によって皮膚を透過して直接皮下脂肪に働きかけて脂肪を燃焼します。そして超音波はキャピテーション等を利用し、特定周波数で皮下脂肪層の深いところまでをアプローチすることで脂肪細胞に気泡を発生させて液状化させます。

痩せるためには段階的なアプローチが必要なので、それぞれマシーンが果たすべき役割が存在し、一概にどれが一番効果があるとは言えません。この施術をする前にプロはきちんと身体の形状判断を行います。一人一人にあった施術を施すため、きちんとしたエステ店を利用すれば科学的に肥満解消・老廃物の排出につなげていくことができます。

オリエンタルスタイルは世界的なリフレクソロジー

ac245c354ebfe92331c22fb682adee27_s

⚪︎西洋式エステと東洋式エステの違い
そもそもの始まりは日本で最初にリフレクソロジーを広めた団体が格式高くオシャレなイメージを与えようと「西洋式エステ」と名乗ったのが始まりで、厳密に「西洋式エステ」といった概念は存在せず、日本独自で形作ったものになります。
リフレクソロジーを教える最初の学校がそもそもイギリスにあったことがきっかけですが、実際イギリスの街中でリフレクソロジーの看板を掲げているようなサロンは存在しません。イギリスでは出張型サロンが基本で、セラピストがクライアントの家に訪問し、施術するようなパターンがほとんどです。
ちなみにリフレクソロジーの本場はアメリカと言われています。

東洋式の代表格と言われているリフレクソロジーは台湾式です。西洋式のリフレクソロジーは元々刺激や痛みに弱いとされている欧米人がリラクゼーション効果を求めてゆったりとマッサージをする目的で始められたと言われています。一方で東洋式のリフレクソロジーは、民族的にも痛みに強かったため、リラクゼーションを目的として成長していきました。
体調が悪い時は足を揉むことで西洋式でも東洋式でもかなりの痛みを伴いますが、東洋式はこの痛みを知ることで病気を知ることができ、改善させていく方法として知られるようになりました。
このような違いがあるため、エステやリフレクソロジーを選ばれる際には比較してお選び下さい。

⚪︎自分でできるマッサージ器を選ぶコツ
マッサージ器を選ぶ際には、まずそのマッサージの手軽さが重要なポイントになってきます。短時間でいつでもどこでも利用できることが第一条件で、血流を良くするリンパマッサージをメインに、様々な用途に使用できるマッサージ器を選ぶと良いでしょう。

そして次に、形・大きさが重要です。
マッサージの形はどこに使用したいかによって異なってきます。また身体のサイズによってもマッサージ器は変わってくるでしょう。重いと使用し続けることが困難なので、適度な大きさと重さで持ちやすい形状のマッサージを選ぶようにしましょう。

実際に使用してみて効果はどうか。どんなに手軽で形・大きさが良くても、効果的でないならば買うのは避けたほうがいいでしょう。試しに使ってみて、例えば肩こりの直結する効果がなかったり、痛いだけで解れていないなど、良いマッサージ器はその場で効果が望めますのでぜひ試してみてください。

またマッサージ器で一番とも言ってもいい、重視すべきポイントが清潔感ですね。素材がツルツルしてて拭きやすかったり、複雑な形だと汚れが溜まりにくいで注意する必要があるでしょう。

オリエンタルスタイルのエステ・マッサージで幸福を得る

81efde016d919ec479ff0280eb55899d_s

⚪︎オイル選びのポイント
マッサージオイルを選ぶ際には、まず香りを重視して選ぶのが良いでしょう。特にローズは女性ホルモンの分泌促進に効果的と言われており、美肌効果も期待できるオイルです。どの香りにしてもアロマ効果が高いことは確かですが、基本的には自分が好きな香りを選ぶのが大切です。美肌効果ばかりを重視して自分が大して好きではない香りを選んでも逆にストレスになるだけです。それぞれ香りによって、気分を元気にしたり、集中力を高めたり、思考を穏やかにする等の効果に分かれます。きちんとしたお店であれば店員さんはアロマセラピストの資格を持ってきちんと説明をしてくれるはずですので、参考にしてみると良いでしょう。

またマッサージオイルはその成分も大事です。水っぽすぎず、程よいとろみのあるオイルがおすすめです。肌を無闇に刺激するとメラニン色素が高まって肌が黒ずんでしまったり、老化の原因にもつながっていきますので、テクスチャーは滑りのいいものを選ぶようにしましょう。
そしてマッサージオイルは今かなりの種類が販売されていますが、安すぎるのもそのクオリティーに疑いがありますし、コストも高ければいいというものでもありません。重視すべきは質と安全性で、こういった化粧品を比較する情報サイトや個人のブログ等でもよく紹介されていますし、インターネットの情報も確かですが、雑誌に取り上げられているような化粧品であればまず問題ないように思います。空前の自然化粧品ブームで多くのブランドが立ち上がり、その中から1つを選び出すのも一苦労ですが、基本的にはこの質と安全性の高い化粧品を探すようにしましょう。

マッサージオイルを選ぶ際には、その商品を開発している業者がどんな企業態度で認められている企業のなのか、という点に着目することもいい商品を購入するコツになります。
企業態度とは、例えば、イギリスのボディショップのように、フェアトレードや、環境問題、動物実験反対などの熱心な姿勢をとった上で、製品の値段は抑えられ、成分を調べると安心できるものを作っている、企業の精神や姿勢のことを指します。実際にマッサージオイルを販売している企業は優れた企業が多いですが、安全性を確かめる方法としてそういった背景をチェックしてみるのも指標となることでしょう。

どんな優れた化粧品でも、人によって合わない場合はあります。「自然化粧品」と言っても被れやすい肌質の人は注意が必要になります。市販のホホバオイルでマッサージをされる方もいらっしゃるかとは思いますが、やはりマッサージ専用のオイルを使用した方が肌の滑りは良くなります。
実際に自分の情報収集で取捨選択し、自分の中でも信じられる企業の商品で試してみて、効果を望めるものから使い続けてみましょう。

オリエンタルスタイルの化粧品は家にぜひ置きたい

b34734370efd55e767a1bf2cef3be415_s

オリエンタルスタイルの店舗デザインは落ち着いた空間に

エステ店と言えば、施術をするトレーナーのレベルの高さも重要ですが、何よりも店内の雰囲気が大事ですよね。
店の雰囲気作りにおいて店舗デザインという概念は欠かせません。特にエステ店のようなお店はライティングからインテリア、ベッド、シャワー室など、お客さんが癒される空間を演出する必要があるため、非常に手の込んだこだわりのあるレイアウトを作成しなければなりません。エステは女性が裸になることも多いですから、女性が恥ずかしくない空間作り、裸になることに抵抗のない雰囲気を演出しなければなりません。
特に東洋風のオリエンタルな店内にするならば、バンブー要素や木のぬくもりと、松明の明かりのようなやわらかなライティング、間接照明や落ち着いた空間を作るのにデザイナーのアイディアは欠かせません。

東洋風のエステ店はいくつもあり、参考にすべきデザインはたくさんあります。しかしその中からオリジナルなものを作ろうと思うと、さすがにデザインに特化したプロの方の力が必要になってくるでしょう。

また新店舗開設には、その立地状況というものも非常に重要になってきます。エステ店にふさわしい場所でないと、いくら素敵なお店をオープンしたからといっても人はなかなか来ないでしょう。そういった物件選びやテナント選出も含めて店舗デザイナーは提案してくれるので、どこに店を出すかという時点から相談した方が良いでしょう。
そしてテナントを購入する場合はシャワー室や電源など、配線・水道管・ガス等の配置を考えた物件を選ぶ必要があります。普通のお店と違って導線に関してそこまで気を使わなくていいものの、心地よい空間作りにはお客さんの自然な導線確保が重要です。そしてエステ店はお客さんが横たわるだけのスペースが必要になりますので、薬品や職員の控え室など、スタッフ側の導線も非常に重要になってきます。また、エステの後にそのお店の商品を購入する方も多いでしょうから、商品陳列もどうするか考えなくてはなりません。
エステ店でいうと、お客さんが入りやすい外観かどうかが気になるところですよね。イメージとしてはデパート内やビルの1室にあったり、お客さんとしては見つけるのも一苦労、見つけてもいざ店内に入るのもなんか不安、という声が多いのがエステ店やマッサージ店のイメージです。

お客さんが横になれて、ある程度倉庫スペースがあれば簡単に始められてしまうエステではありますが、お客さんを配慮した過ごしやすいお店作りは不可欠です。他のお店に差をつけるのであればこの店舗デザインの部分から気を使っていきましょう。