スポット案件と医師転職サイト

医師の転職、仕事に関する様々な情報についてご紹介しています。

医師も一般の仕事と同じように転職をします。医師が転職をする際の理由としては、人間関係、労働環境、給与、独立といった様々な理由があります。そして医師が転職をする際には基本的には医師の知人等を通じたコネクションによる転職が多いです。医師とは非常に大きなスキル・知識・責任を背負っており、個人で簡単に転職できるようなものではありません。あまり波風を立てた去り方をしてしまうと、医師の世界は非常に狭いので、今後いられなくなる可能性も高いです。なるべく温和に転職をしたいところですが、医師は転職をしようと思うとそのリサーチから交渉、現場の引き継ぎなどを含めて早くとも半年はかかると言われています。そしてその転職先が本当に自分に合っているかもわかりませんので、転職はリスクが高いと言えます。

医師は転職をしなくても給与を上げることができます。スポット案件と呼ばれる、いわゆる医師のとってのアルバイトをこなすことによって年間数百万円以上は給与をあげることができるのです。しかも他の現場での仕事になりますのでリフレッシュにもなりますし、他の現場を知るいい機会にもなります。そのスポット案件を通して転職活動をするのも方法の1つですし、スポット案件でコネクションを築くことも可能です。
このスポット案件は基本的に医療機関に求人として出されたり、医師に個人的に話が入ってきたりします。スポット案件ができずに困るという医師はそんなにいないと思いますが、スポット案件は緊急案件に近いものですので、条件や待遇はあまりよくないものと認識しておくと良いでしょう。自分の希望するスポット案件を選ぶということ自体あまりできませんので、お金のために割り切ってやるというのがスポット案件に対する医師の共通認識でしょう。
最近ではこのスポット案件を一括でまとめている医師転職サイトが注目を集めています。ここには全国から様々なスポット案件を募って掲載しており、医師はこのサイトに登録することによって自分の希望する条件にあったスポット案件を選んで運ぶことができます。インターネットが普及されたことによって医師はスポット案件を選べる時代になっており、昔のようなコネクションのみで働いていくような人間関係重視の医療現場からは変わってきています。

スポット案件は他の医局での勤務の他にもイベント等の救護業務もあります。また海外に転職したい際等は医師転職サイトのコンサルタントを通じて色々求人案件をもらうことができます。まだまだ可能性が広がっていく医師転職サイト、これからも目が離せません。

a0006_000859

ドクター求人は比較すべき